ドン底脱出スピリチュアル

落ちるところまで落ちてようやく気付きました

別れと引き寄せとヤル気スイッチの話

 

朝起きるとまだ胸の苦しみが残っていた。

 

おとついの旦那とのメールのやりとりで、

ダラダラ続けていた付かず離れずの関係を

完全に終わらせる事になったのだが、

一晩寝てスッキリする予定のはずだったのに憂鬱だ。

 

どこかでまだ

「やり直せるんじゃないか」とか、

「あの時ああしてたら良かったのに」とか

いろんな事が浮かんで来る。

 

「後悔や未練なんてとっくに無いわ!」

と思ってたけど、

 

やっぱり嫌いにはなれないし、

「お父さん大好き!」な子供達にも申し訳ない。

 

「うん。悲しいわ。」と認めて、

「今日はじっくり自分を癒そう。」と思った。

 

本当はすぐにでも塞ぎ込みたい気分だけれど、

幼稚園の息子の弁当会があるしそうもいかない。

 

小学生のお兄ちゃんを先に送り出してからの下の子の準備。

 

お母さんは朝から忙しい。

 

私は元々ぐうたらで家事嫌い。

洗い物を2、3日溜め込む事がほとんどだった。

 

が、下の子が朝食を食べている時に洗い物をし出した。

 

「あ、ヤル気スイッチ入ってる」

 

私の中でのヤル気スイッチは、

思考するまでもなく体が勝手に動く状態の事。

まるで別人が乗り移ったかの様に全自動でさっさといろいろやってくれるのだ。

 

潜在意識はやるべき事を知っている。

 

そして、

 

「神社へお参りへ行って面接を受ける」

 

これが今日の私のミッションらしい。

 

この数ヶ月、何度受けても落ちまくっていたのですっかり自信を無くしていた。

 

「どうせ落ちる」と思い動けなくなっていた。

 

でも、

 

「受ける気になったのだから受けてみよう。」

 

と自然に思えた。

 

神社のお参りも前々から行こうと思ってはいた。

 

以前、引き寄せの法則が上手くいき始めたきっかけはお参りからだった。

 

しかしそれ以降何度お参りに行っても

状況は悪化する一方。

 

私の願いが曖昧だったのだろう。

 

上手くいった時の事に戻るけれど、

「みつろうさん」という方の

「金持ちミッション」という本に、

「神社へ行ってお賽銭を千円入れろ」というのがあって、それをとりあえずで実行してみた。

 

すると、

あれよあれよとどんどん物が引き寄せらた。

 

パソコン、車、食洗機、

バナナやパンやお弁当まで、

ちょっと意図するだけですぐに手に入った。

 

その時私は下の子を産んでしばらく経っていたが無職だった。

 

今思えばかなり受け取り下手だった。

 

ほとんど旦那が私の為にプレゼントしてくれていたのだが、

 

財布を買ってあげるよと言われたのに「支払いしたいから現金頂戴」とか可愛くないったらありゃしない。

 

車や食洗機も「身分不相応じゃね?」と大して喜びもしなかった。

 

そりゃ経済DVにもなるか。

私が悪かったんだわ。

 

貰ったららなんか、

 

服従しないといけないんじゃないか」とか

「自分の力で手に入れたい」とかそんな事を思ってしまってたし、とにかくなんか怖かった。

 

あれ?

 

これどうしよう。

 

書いてたら全部私が悪かった事に気付いちゃった。

 

でもだからって経済DVしちゃう様な人とは

一緒に居れないし、

お互い足の引っ張り合いしてた事もわかったからこれでいいんだ。

 

危ない危ない。

 

そうそう。

私のヤル気スイッチをOFFにするのはいつも彼だった。

 

そして私も彼の電源を何度も切った。

 

一緒に居たらいつまでも同じ事の繰り返し。

お互い離れて成長するしかないと思う。

 

あの時は「お賽銭に千円は高い!」と思っていたけれど、今はどんなにお金が無くても「お賽銭は千円」が当たり前になっている。

 

今月全く足りない状況な私には千円なんてあっても無くても同じだ。

 

という事で、

途中で脱線しましたがとりあえずは今日のミッションをこなして来ます。