ドン底脱出スピリチュアル

落ちるところまで落ちてようやく気付きました

奇跡の始まり

 

面接に受かった。

 

何度も断られ、

すっかり自信喪失していた私は電話もカミカミで、いつになくキョドってしまったのだが、ベストな希望シフトでの採用。

 

今まで受けて来た所はシフトや休みの相談が難しく、折れても無理で、今回ももう土日だろうがなんだろうがなるべく合わせようと思っていたのに、平日の週4日。

 

スタートもすぐの月曜日から。

 

昨日の神社参拝のお陰としか思えない。

 

ずっと自分本位の間違った思考や生活をして来たせいでそろそろ見放されたのではと思っていたけれど、やっと夜明けが見えそうだ。

 

約1年振りの仕事である。

 

しかし、お金がもう数日食べられる程しか残っていない。

 

支払いもまだ沢山ある。

 

完全にお手上げ状態。

 

考えたところでどうしようもない。

 

流れに任せるしかない。

 

今までもこういった状況になった事があった。

 

なんとかなった。

 

あの頃よりもマズイ状況ではあるけれど、

きっと何か思い付いたり奇跡が起きると信じるしかない。

 

ずっと決まらなかった仕事が決まっただけでも奇跡なのだからきっと大丈夫。

少しずつ踏み出す

 

神社へお参りへ行って来た。

 

お清め処で蜂がちょいしつこめに寄って来て、

刺されるんじゃないかってヒヤヒヤしたのだけど、

 

スピリチュアル的な意味で蜂は神の使いで、

神社で寄って来た場合「歓迎されている」らしい。

 

が、攻撃的であった場合は

 

「まだやるべき事あるよ、今じゃないよ」

 

という意味らしい。

 

歓迎されていたと言えばそんな気もするし、

刺されるかもしれない恐怖が邪魔をして攻撃だとも感じるし…どっちだろう?

 

とりあえずは良い方向に考える事にした。

 

手を合わせている時におでこの辺りが温かく感じたし、(太陽の反射のせいかもしれないけど)

 

おみくじも久しぶりに大吉だったし。

 

願いが後半グダグダになってしまったけど、

行って良かったと思う。

 

家に帰っていざ面接の連絡をしようとすると、

朝の勢いはどこへ行ったのか気が重い。

 

派遣だったりパートだったりいろんな仕事をして来たが、ここまで何度も断られた事は初めてで、すっかりネガティブになっている。

 

これが実家とかならそのままニートまっしぐらになるのも無理はないとかなり思う。

 

そろそろ小学生の息子が帰って来る時間になってようやく連絡する事が出来た。

 

明日の午後に行く事になったが、

結構募集が多いというニュアンスだった。

 

前回までは「流石にそろそろ受かるっしょ」と前向きだったのに、なんというか「無」。

 

先の事が全く想像つかなくなってしまった。

 

今のこの状況を「現実」としてどっぷり浸かってしまうとあまりにも悲惨だ。

 

私程悲惨な人は滅多に居ないだろうと思ったら

どうやら結構居るらしい事にもビックリする。

 

いや、でも私の場合借金や未払いに関しては

細かく書き出すとスゴイよ。(不幸自慢)

 

うっかり気を許すと自分責めが始まり、

何もかもおしまいだとエゴが囁き、

それをキャッチしてしまうと胸が苦しくなり、

その苦しみから逃げようとすればする程どんどん闇へ引っ張られるけれど、

 

一歩引いた視点へ切り替え、呼吸を整え、

 

「きっとなんとかなる」「幸運の前触れだ」

「無気力ながらも少しずつ踏み出せている」

 

となんとか気を反らし、普通に暮らせている状況を想像する。

 

すると不思議に幸福感がやって来る。

 

「今」に集中ってやつ?

 

簡単そうで難しいけど段々慣れる。

 

たまに吐き気や目眩が起こる。

 

そこでそれにフォーカスしてしまうとそのままきっと鬱になる。

 

無理をせずにまたリラックスモードに切り替えれば治まる。

 

悪魔が舌打ちする。

 

スピリチュアルのいいとこ取りばかりして見えない存在からの警告は無視し、

 

楽に生きようとした結果である事は反省しないといけないし情けないけれど、

 

ここまで来たらなんとなくわかった。

 

自分も与えられる人になりたかった。

何かしら認められたかった。

 

なのにずっとダメ人間。

 

まずは自分に与えないと人に与えられない事を知ったら、

いつの間にか自分に与える為に人から奪う事ばかりを考える人間になっていた。

 

何もかも焦ってたんだよね。

 

焦れば焦る程逆方向。

 

なんなんだこの微妙に難しい世界は。

 

落とし穴だらけじゃん。

別れと引き寄せとヤル気スイッチの話

 

朝起きるとまだ胸の苦しみが残っていた。

 

おとついの旦那とのメールのやりとりで、

ダラダラ続けていた付かず離れずの関係を

完全に終わらせる事になったのだが、

一晩寝てスッキリする予定のはずだったのに憂鬱だ。

 

どこかでまだ

「やり直せるんじゃないか」とか、

「あの時ああしてたら良かったのに」とか

いろんな事が浮かんで来る。

 

「後悔や未練なんてとっくに無いわ!」

と思ってたけど、

 

やっぱり嫌いにはなれないし、

「お父さん大好き!」な子供達にも申し訳ない。

 

「うん。悲しいわ。」と認めて、

「今日はじっくり自分を癒そう。」と思った。

 

本当はすぐにでも塞ぎ込みたい気分だけれど、

幼稚園の息子の弁当会があるしそうもいかない。

 

小学生のお兄ちゃんを先に送り出してからの下の子の準備。

 

お母さんは朝から忙しい。

 

私は元々ぐうたらで家事嫌い。

洗い物を2、3日溜め込む事がほとんどだった。

 

が、下の子が朝食を食べている時に洗い物をし出した。

 

「あ、ヤル気スイッチ入ってる」

 

私の中でのヤル気スイッチは、

思考するまでもなく体が勝手に動く状態の事。

まるで別人が乗り移ったかの様に全自動でさっさといろいろやってくれるのだ。

 

潜在意識はやるべき事を知っている。

 

そして、

 

「神社へお参りへ行って面接を受ける」

 

これが今日の私のミッションらしい。

 

この数ヶ月、何度受けても落ちまくっていたのですっかり自信を無くしていた。

 

「どうせ落ちる」と思い動けなくなっていた。

 

でも、

 

「受ける気になったのだから受けてみよう。」

 

と自然に思えた。

 

神社のお参りも前々から行こうと思ってはいた。

 

以前、引き寄せの法則が上手くいき始めたきっかけはお参りからだった。

 

しかしそれ以降何度お参りに行っても

状況は悪化する一方。

 

私の願いが曖昧だったのだろう。

 

上手くいった時の事に戻るけれど、

「みつろうさん」という方の

「金持ちミッション」という本に、

「神社へ行ってお賽銭を千円入れろ」というのがあって、それをとりあえずで実行してみた。

 

すると、

あれよあれよとどんどん物が引き寄せらた。

 

パソコン、車、食洗機、

バナナやパンやお弁当まで、

ちょっと意図するだけですぐに手に入った。

 

その時私は下の子を産んでしばらく経っていたが無職だった。

 

今思えばかなり受け取り下手だった。

 

ほとんど旦那が私の為にプレゼントしてくれていたのだが、

 

財布を買ってあげるよと言われたのに「支払いしたいから現金頂戴」とか可愛くないったらありゃしない。

 

車や食洗機も「身分不相応じゃね?」と大して喜びもしなかった。

 

そりゃ経済DVにもなるか。

私が悪かったんだわ。

 

貰ったららなんか、

 

服従しないといけないんじゃないか」とか

「自分の力で手に入れたい」とかそんな事を思ってしまってたし、とにかくなんか怖かった。

 

あれ?

 

これどうしよう。

 

書いてたら全部私が悪かった事に気付いちゃった。

 

でもだからって経済DVしちゃう様な人とは

一緒に居れないし、

お互い足の引っ張り合いしてた事もわかったからこれでいいんだ。

 

危ない危ない。

 

そうそう。

私のヤル気スイッチをOFFにするのはいつも彼だった。

 

そして私も彼の電源を何度も切った。

 

一緒に居たらいつまでも同じ事の繰り返し。

お互い離れて成長するしかないと思う。

 

あの時は「お賽銭に千円は高い!」と思っていたけれど、今はどんなにお金が無くても「お賽銭は千円」が当たり前になっている。

 

今月全く足りない状況な私には千円なんてあっても無くても同じだ。

 

という事で、

途中で脱線しましたがとりあえずは今日のミッションをこなして来ます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お金の流れを変えてやる

 

またまた純ちゃんさんの動画で

メッセージ受け取りました♪

 


https://youtu.be/ldpKup5Pwnk

 

いつの間にか、

出す事も受け取る事も出来なくなってた事に改めて気がつかされました。

 

滞納しまくってるから

沢山何か出さないと。

 

まずはもう今持ってるお金で明日、

払えるもん全部払う事にした。

 

怖いけど、

知ってた。

 

財布がカラになってもどこかしらから入る事。

 

土曜日の家賃は用意出来るかわからない。

 

でも出す事で何かしら思い付くかもしれない。

 

出すお金が無くなったら

愛情やら行動で別のエネルギーを出すしかない。

 

お金も愛も誰かの役に立つ事も

元は全て同じエネルギー。

 

今思い付くのは子供達へ愛情を注ぐ事と

このブログを書く事位。

 

誰にも読まれないかもしれないけど。

誰かに届いて少しでも役に立てる事を考えて。

 

皆様の幸せを願っています。

心配しなければ勝手にやって来るのにね(引き寄せ)

 

コロナが流行り出した頃、

あなたはマスクが無くなる心配をしましたか?

 

薬局では毎日の様に在庫確認の電話が殺到し、

手芸品店では手作りマスクの生地やゴムを求めて長蛇の列が出来ていましたね。

 

私はその時不浄布マスクが一枚しかありませんでしたが、

「まぁ最悪洗えるんじゃね?」

と全く気にしていませんでした。

 

子供用マスクはこれまた奇跡的にコロナが流行る少し前、

風邪を引いた子供達を外出させる際に行ったスーパーが50枚入りしか置いておらず、

 

「子供達マスク嫌がるしこんなに要らないんだけどなぁ…」

 

と思いながら渋々購入してあったのです。

 

そして家で探し物をしていたらなんと、

だいぶ前に買って忘れていた大人用10枚入りマスクが出て来たり、

 

素敵な布マスクをあちこちから頂いたりと、

コロナになってからこれまでマスクを買わずに済んでいる状況なのです。

 

私はコミュ障なので友達を意識的に作ろうとか

彼氏が欲しいと強く思ったりした事はあまりありません。

(付き合うと依存しておかしくなったりしてましたけど)

 

車にも困った事がありません。

 

強く欲しいと思わず、

 

「あったらいいけどね」

 

ぐらいに思っている物は勝手にやって来るんです。

 

それを知ってはいるんだけど、

お金に関してはなんじゃこりゃ。

 

お金も何度か引き寄せてはいるのですよ。

 

ただやっぱり「支払い日」という期限が焦りを生んだり、

不足を感じるトラウマがブロックになってたり、

非日常ではなく毎日関わって嫌でも考えざるを得ない所から難しさが生まれてるんでしょうね。

 

「既に皆一億を手に入れている」らしいのに、

 

「どこどこ?無いよ?」

「ギャー使い過ぎたー!!」

「もう払えなーい」

 

ってやってるからまんま叶ってる。

 

そんな私は今月大ピンチ。

 

奇跡を起こさなきゃいけません。

 

さて、

いくら程引き寄せようかな。

 

50…う~ん、

とりあえず100万あったら嬉しいな♪

人生に奇跡が起こる前に起こるサイン

 

今日1日苦しみ抜こうと決めたのはいいが

吐き気までして来て久しぶりにちょっとヤバイと焦り出した。

 

鬱病の経験があり、

再発には心掛けていたのだがこのままではなりかねないと思った。

 

思考が原因を探し始める。

 

マイナスな感情にあまり意味付けはしない方がいいといろんな方が言っている。

 

そう。

 

感情にマイナスな思考を関連付けしなければ

ただの胸の違和感でしかなく、

段々心地よくさえ感じる事が出来る。

 

シマッタと思った。

 

実は今日、

自分の首をちょっとだけ絞めてしまったのだ。

 

でもそれは別に「死にたい」という意味ではなく、

一度死んだつもりになって人生を変えられないかと思ったのだ。

 

よく考えるとアホだ。

 

命の危険を感じてパニックになってしまったのか

呼吸も段々浅くなっていた。

 

「違う違う、ごめんよ~」

「大丈夫、安心して、愛してるよ~」

 

と言いながら自分の体をさすった。

自分の子供にする様に気持ちを込めて。

 

「さてどうしよう」と考えた。

 

いつもの胸の苦しみなら味わう程度で済むのだが、

吐き気は流石に対処しなければいけない気がしてYouTubeを開いた。

 


人生に奇跡が起こる前にあるサイン・前兆の話。 - YouTube

 

スピリチュアルYouTuber純ちゃんさんの

動画はあまり観てなかったのだが、

久しぶりにオススメに上がっていた。

 

タイトルを見てピンと来た。

 

目から鱗

 

今の私にドンピシャな内容だ。

 

神様が私に観ろと言ってくれてると感じた。

感謝が込み上げた。

 

「これは前兆だ。私きっと変われる。」

 

そう思った。

 

正直もうずっとこんな感じで

生きて行くしかないんじゃないかと思い始めるとこだった。

 

気分が悪い割には時間を見る度ゾロ目だし。

子供達にも穏やかに対応出来てるし。

 

少しずつ波動が上がってく。

 

純ちゃんさん中卒だったとは知らなかった。

 

私も中卒。

 

そういや昔は気にしてた時期もあったけど

いつの間にか全く大丈夫だ。

 

気分が大分楽になったと同時に

昨日久しぶりにお酒を飲んだ事を思い出した。

 

それを忘れてコーヒーを飲んだせいで

胸焼けを起こし吐き気がしていたのだった。

 

チャンチャン♪

 

 

今日1日苦しみ抜こう

 

どこかでなんとなく気付いてた。

 

自分は間違っているかもしれないと。

 

このままでいいはずがなかった。

 

見えない存在からのお知らせや警告は何度もあった。

 

夢で知らせてくれたり、

物が無くなったり壊れたり。

 

それでも変わる事が怖かった。

手放す事が怖かった。

 

奇跡が起こり始めるとブレーキを踏んだ。

 

「幸せだと妬まれる」

 

そう思わされる強烈な出来事があった。

 

「なんか違和感があるな…」

 

幸せを感じる事が少なかった為

喜び方を知らなかった。

 

 

それから旦那と上手く行かなくなった。

 

優しかった旦那が経済DVの悪魔と化した。

 

気付いたら

周りに物凄く迷惑を掛けていた。

 

借金まみれ。

未払いまみれ。

保険証もない。

 

まだ幼い子供もいるのに

ずっと現実から逃げていた。

 

私の観念を変えればまた上手く行くとはずだと

思った。

 

とりあえず食べる事だけ考え、

それはそれで幸せだった。

 

子供達は天使だ。

居てくれるだけで癒される。

 

そして子供達は旦那が大好きだ。

 

私が頑張ればきっと。

 

しかし状況は悪化する一方。

 

旦那とは3年程離れたり戻ったりを繰り返しようやく気付いた。

 

「一緒に居たら私は早死にしてしまう」

 

旦那が居ると家事が出来ず荒れ放題の無気力状態。

しかし出て行ってる間は片付き元気になっていく。

 

家の中の状態と心が繋がっている事を改めて理解した。

 

旦那はいつの間にか完全に壊れていた。

そして私も私の家族も巻き込まれてた。

 

無気力のせいかコロナのせいか

仕事も無くなりどこも雇ってくれない。

 

こんな事は初めてだ。

 

旦那だけのせいではない。

私の元々持っていた悪い部分を見せてくれた鏡だった。

 

因果応報。

 

最初の結婚で私はかなりの迷惑を掛けた。

あの時の私そのものだった。

 

全てリセットして人生やり直す予定が、

もっと悪くなってしまった。

 

昨日まではいい気分を保てていたのに、

うっかりお酒を飲み旦那へ悪口メールをしたせいで今すこぶる気分が悪い。

 

養育費は渡さないと言われた。

また借金をしないといけない。

 

神様の警告を見逃さず

出すべき時に出していれば本来

お金は不足する事はなく、

例え何かアクシデントがあっても

ちゃんと入って来る事を私は知っている。

 

なのに旦那が豹変してからずっと

「足りない足りない」と

足りない状況を引き寄せ続けた。

 

一時期引き寄せの法則が上手く行って

毎日奇跡の様に色々手に入った事があった。

 

最初は良かったが段々怖くなってしまって

逆引き寄せ発動し今の現状。

 

40歳過ぎるまで不足に慣れ過ぎた。

潜在意識の書き換えは中々難しい。

 

でも、

流石に覚悟を決めないと。

 

願望のロケットは今まで何度も打ち上げたはずだから後は周波数を調えて現状のまま感謝し今を淡々と生きる事。

 

この状況に至るまで気付けなかった自分が情けないけれど、多分生まれる前にそう設定したのだろうから仕方ない。

 

今のこの苦しみは

人間だからこそ味わえる感覚なのだから

堪能しておこう。

 

どうせこの世は幻想なんだから。